手作り石けんのオプション

手作り石鹸製法/牛乳・ゴートミルク類を精製水の代わりで使用する

手作り石鹸 牛乳・ゴートミルク

今回は牛乳やゴートミルクなどを使用した場合の手作り石鹸の作り方をご紹介!

ミルク以外の精製水の代わりで使用できる素材の物とは使用方法がだいぶ異なります。
手作り石鹸を精製水で作るのに慣れてからこちらのミルク類の使用をお勧めいたします。

ミルク以外で精製水の代わりに使用できるもの一覧はこちら↓
《手作り石けん精製水の代わり》に使用できる素材まとめ!!


手作り牛乳(ミルク)石鹸

手作り石鹸において精製水の代わりに使用できるものとして牛乳・ゴートミルク・ココナッツミルクなどの液体状のミルク類を使用することができます。
(粉末のミルクパウダー類も使用はできますが、今回は液体状のミルクを使用する場合の説明です)

使用方法としては大きく分けて2通りあります。

①精製水の代わりに全量使用する。

②精製水の代わりに一部置き換えて使用する。

全量で使用する場合と一部置き換えて使用する場合ではミルク類では大きく手順が異なりますので必ず下記の使用手順をを確認してから始めてください!

《石鹸作り方》牛乳・ゴート(ヤギ)ミルク

精製水の代わりに《全量》使用する場合

 

!注意!
牛乳類を液体状のまま使用すると苛性ソーダと合わせたときにいつも以上に急激に温度が上がるうえに、かなり激しく反応して容器から液体が臭気とともに勢いよくあふれ出しとても危険です!

全量を置き換える場合は必ず下記の手順を守ってください。

 

①使用する分の牛乳・ミルクを数時間から半日程度タッパーなどに入れて冷凍庫で固めておく。

②使用する少し前に冷凍から取り出し、シャリシャリと粗くスプーンなどで砕ける程度まで溶かしておく。

③②のまだシャリシャリと固まってるうちに苛性ソーダを少量ずつ入れてはキレイに溶かすを繰り返していく。
(250gバッチだと私の場合ですが、特に1回目は少しだけ入れて様子を見てかき混ぜていき問題なさそうなら残りを3~5回くらいに分けて入れていきます。500gバッチやそれ以上の場合はこの倍以上の回数に分けて入れていきます。)

④すべての苛性ソーダが問題なくキレイに完全に溶けたら後はいつも通り45度くらいまで温度を下げてその後も通常と同じように作業して型入れして保温後型出ししてカット、乾燥していきます。

*全量を牛乳にした場合、薄いチャイ褐色系の石鹸になります。


精製水の代わりに《一部》置き換えて使用する場合

さて、次に精製水の一部だけを牛乳やゴートミルクに置き換えて使用する手順を紹介していきます。

全量使用する場合は凍らせてから使用したのに対し、一部を置き換える場合は特に凍らせる必要はありませんが、入れるタイミングが変わってきます。

一部を置き換えるとはだいたいどのくらいの分量を置き換えればいいのか?と思いますよね。

一部とは・・・水分量の30~50%くらいまでを指します。

ですので、精製水85g使用の場合
30%でおよそ→25gをミルク
40%でおよそ→34gをミルク
50%でおよそ→42gをミルク にする形です。

ではどのタイミングで入れていくかを説明していきます。
【全体水分量85g:精製水60g ミルク類25gの場合】

①精製水60gと苛性ソーダをいつも通り溶かし45度くらいまで下げ、オイルも45度くらいまで温めて通常通りかき混ぜていきます。

緩めのトレースが出てきたら牛乳を加えてしっかりとしたトレースを出していきます。
(しっかりとトレースが出たらアロマや色材を混ぜていきます)

③いつも通り型入れして保温・型出し・カット熟成乾燥をいつも通り行います。

牛乳・ゴート(ヤギ)ミルク石鹸の保管方法

牛乳やゴートミルクなどのミルク類を使用した石鹸の保管には少し工夫が必要です。

牛乳やゴートミルク石鹸の熟成・乾燥期間が終わったら・・・

特に湿気の多い時期・夏場は乾燥期間が終わったら梱包などをして冷蔵庫や冷凍庫で保管することをお勧めします!!

とくに牛乳・ゴートミルクなどを全量使用した石鹸は酸化速度がとても速いです。

一部置き換えの石鹸は全量を使用した場合よりは緩やかですが、ミルク類を使用しない石鹸に比べると酸化速度は早まります。

ですので、上記のように冷蔵庫や冷凍庫で保管することをお勧めします!


手作り石鹸で精製水の一部を置換で使用できるその他の素材

このように、ミルクを精製水の一部として使用できることはわかりました。

その他のミルク類などで使用できるものはあるのかを見てきましょう。

・豆乳(全量使用すると固まりにくいです)

(下記4点はまだ全量は試したことないので一部でご紹介してます。全量でもいけるのか・・・実験の価値はありそうですので挑戦したらアップします!)
・ライスミルク
・あまざけ
・ココナッツミルク
・生クリーム      などがあります。

入れるタイミングはミルクの一部置換と同様で緩いトレースが出てから30~50%の範囲で加えていきます。

使用感がどれもことなり、好き嫌いがわかれる素材もあります。

料理に使用してちょっとだけ余ったら石鹸作りに使用してみるのがお勧めです!


手作り石鹸作り方/牛乳・ゴートミルク類を精製水の代わりで使用する:さいごに

さて、今回は精製水の代わりで使用できるもののミルク類について説明いたしました。

ミルクと一言で言っても動物性と植物性のものがあるので使用感もだいぶ違ってきます。

ミルク系は好き嫌いがわかれたりもするのでまずは自分で作ってみて使用感を感じてみてくださいね。

ミルク以外で精製水の代わりに使用できるもの一覧はこちら↓
《手作り石けん精製水の代わり》に使用できる素材まとめ!!

今回も最後までご覧くださいましてありがとうございました!


よんでほしい記事

-手作り石けんのオプション
-, , , ,

© 2021 Healing Timeless~Wind era~